Ph+ALL日記

フィラデルフィア染色体陽性白血病のおじさんの記録

臍帯血からの造血幹細胞移植

2017年5月25日(水曜日)

ついにこの日を迎えた.気持ちの悪さはだいぶ取れている.前日からサンデュミュンと言う免疫抑制剤を点滴している.これは移植後も当分続く.

移植は自室で行われる.

午前中にバイタルモニタが乗ったワゴンが運ばれて来て,心電,酸素飽和度,血圧が適時自動測定できるように準備が進められる.

臍帯血は液体窒素で冷凍保存されており,解凍を始めると同時に細胞が壊れ始めるので,一連の処理はできるだけ速やかに行う.

  • 12:00から,担当医が臍帯血が入った小さなパックの解凍を開始.
  • 12:30から,CVから注射器で臍帯血を3回に分けて注入.

12:40には,移植は完了していた.

注入直後から,ほんのりと「青のり」の香りを感じた.これは臍帯血を保存している溶液が血中を周り,肺や口内で気化して感じられるものらしい.人によっては,この溶液にアレルギーが出る場合がある.

臍帯血は少量で貴重であるため,注射器や管に残った細胞を残らず体内に送り込むために,生理食塩水を使って残らず体内に送り込む.

窓越しに家族も見に来ていたが,あっという間に終わってしまった.本人にもなんの変化もない.

 

今朝の段階で,白血球500, ヘモグロビン9.6, 血小板 8900.これからどれも急激に下がっていくはず.適時輸血を受けることになる.