読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ph+ALL日記

フィラデルフィア染色体陽性白血病のおじさんの記録

1週間移植延期

2017年5月8日(月曜日)

連休明けの初日.だいぶ前に入れたCVの周りが直径1cmくらい赤くなっている.夕方から明け方にかけて微熱が出たり出なかったりするし,軽い頭痛がある.もしかするとCVが刺さっている首回りから細菌に感染しているのかもしれない.

ということで,一旦CVを抜いてみることにする.

明日(5/9)まで状況を見て,5/18に予定通り移植を実施するか,1週間伸ばすかを決定する.

2017年5月9日(火曜日)

CVを抜いたところの赤みは取れてきている.熱は出にくくなったようだ.炎症反応(CRPの価)も下がってきている.CVが悪さをしていたかのように見えるが,はっきりはしない.

大事をとって,移植の1週間延期を決定.

全ての日程を単純に1週間送らせる.移植日は5/25.放射線照射は5/17, 18に決定.CVは5/11に入れることにする.

骨髄検査結果

5/1に実施した骨髄検査(マルク)の結果が出ている.それを含めて,入院以来の骨髄検査での主な結果を晒しておく.

Date 有核細胞数
(NCC)
巨核球数
(MgK)
FISH% BCR-ABL IS%
2016/12/12 213000 16 NA 750000 NA
2017/1/20 24000 30 0.3 4793 2.5668
2017/2/2 13000 0 1.4 1389 1.9126
2017/3/14 4000 0 0.1 97 0.2026
2017/4/13 182000 80 0.1 56 0.1426
2017/5/1 39000 0   41 0.049

ただし,

  • 有核細胞数: 核を持っている細胞の個数 [個/ul].
  • 巨核球数: 血小板を作るもとである巨核球数の数 [個/ul].
  • FISH%: BCR遺伝子に緑,ABL遺伝子に赤の発色剤を結合させる.普通の細胞では両遺伝子が離れているため緑と赤が識別できるが,Ph染色体のある細胞では両遺伝子がくっついているため黄色に見える.この方法で観測されるBCR-ABL遺伝子を持つ好中球の割合 [%].
  • BCR-ABL: PCRによってカウントされる,BCR-ABL遺伝子の500ngあたりの個数 [個/500ngRNA].
  • IS%: PCRによってカウントされる,BCR-ABL遺伝子の個数とコントロールとなるABL遺伝子の個数の比 [%].International Scaleの略.

と理解した.IS% の検出限界は 0.0007% らしい.