Ph+ALL日記

フィラデルフィア染色体陽性白血病のおじさんの記録

生着後2回目の骨髄検査結果

2017年7月6日(木曜日)に生着後2回目の骨髄穿刺を実施.およそ1週間経って,全ての結果が出た.以下の通り.

  • Ph FISH: negative (0.3%以下)
  • qPCR bcr-able: 6 copies
  • IS%: 0.0126%
  • chimerism XYFISH recipient%: 1.8%

ということで,まだ PCRbcr-abl は検出されてしまうものの,前回よりもだいぶ前進している.キメリズムも 2.6% から 1.8% に減少しており,良い傾向だと思われる.

改善傾向だということがわかったので,次回は3週間後かな.その時bcr-ablが消えていると良いのだが.

食欲

移植以来,食べやすい食事を特別食として出してもらっている.普通の白斑やうどんを食べられる気がしないので,パン,コーンフレーク,カップスープ,ゼリーなどの,言ってみればジャンクフードを中心に食べている.不足するカロリーはCV経由で点滴してもらうことで,体重は維持または徐々に微減程度で収まっている.

しかし,退院に向けての準備,健康管理としては,CVはいずれ抜かねばならないので,普通食が普通に食べられるようにならなければならない.味覚が狂っていることもあるが,無理にでも食べる練習が必要だ.

一体,何が食べたいだろう?刺激の強い食べ物が食べたい気もするし,そんなものを食べたら腹を壊しそうな気もするし.