読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ph+ALL日記

フィラデルフィア染色体陽性白血病のおじさんの記録

外泊許可

今日で入院生活まるまる1ヶ月.

ステロイドとスプリセルを用いた寛解導入の35日間の治療がもう直ぐ終わる.どのくらい深い寛解が得られたかは,骨髄穿刺をして調べなければわからないが,その前に血液検査の結果から現在の状況が悪くないので,少なくとも1泊の外泊を許可された.明日のMRIの検査が終わったら,一晩自宅に戻ることができる.

今朝の血液検査の主な結果:

  • ALT: 53 (H)
  • WBC: 16.5 (L) → この中身が問題.正常な好中球の数を調査中.
  • RBC: 316 (L)
  • HGB: 10.5 (L)
  • PLT: 14.1
  • RETI%: 1.22%
  • CRP定量: 0.28 (H) → なんらかの炎症が起きていることを示す

1650ある白血球のうち,どれだけ意味のある好中球がいるかが重要らしい.500を切ると感染症の予防的な対策として抗生剤を投与するし,1000を超えていれば外泊可能なのだそうだ.手元の結果にはその数値がまだ含まれていない.

担当医と2泊できるかもね…という話になり,念のため明日も血液検査し,抗生剤に加えて白血球を増やす薬を投与するか決めることに.

どうせ自宅は近いので,調子悪かったらすぐに戻ってこれますよっと.

体重減少

昨日今日と67kg台で変化なし.下げ止まった感じ.